腰痛

 

腰痛治療において一番大切なのは腰痛の原因をみきわめることです。

●骨盤を含めた姿勢がどう乱れているのか!

●神経か?筋肉か?椎間板か?を見極める!

●硬くなってる筋肉でけでなく、弱くなってる筋肉を探しだす!

 

新座・清瀬の腰痛
腰痛の症状は人によって様々です。日頃から重だるく痛む、起床時に強く痛みを感じる、長く座っているとだんだん痛くなる、長時間立っていると痛くなる、朝靴下を履くのが痛む、腰が抜けそうな感じがする、身体を捻ると痛い、身体を前や後ろに反らすと痛い。

症状が様々なのは同じ腰痛でもその方によって腰の痛めている場所が違うからです。

一言で腰痛と言っても腰の筋肉が悪いのか、椎間板が悪いのか、腰椎の関節が悪いのか、腰の靭帯が悪いのか、その方によって悪い場所が異なり症状の出方も変わります。

腰痛患者さんに共通していえることは日々の日常生活で腰に負担をかけていることです。仕事で重たい荷物を持ったり、前かがみや中腰姿勢での作業を繰り返し行っていたり、ディスクワークでの座っている姿勢で腰に負担をかけている方もいます。また小さなお子さんがいる方はその育児が腰に負担をかけていることになっている場合もあります。

筋繊維性腰痛

body_kinniku_zenshin

筋繊維性腰痛は重たい物を持ったり、中腰姿勢での作業をしたりして腰の筋肉に疲労が蓄積して筋肉が硬くなって起こる腰痛です。急性で炎症性の場合は強い激痛が特徴で、慢性的な疲労性のものは重だるく鈍い痛みが出ます。

腰には何種類もの筋肉があるますので、どの筋肉が痛みを引き起こしているか見つけることが大切です。
痛みの出てる場所とどのような動作で痛みが出るかで負担のかかっている筋肉が分かりますのでその筋肉の硬さを取り除くように治療を行います。また筋肉のストレッチがとても効果的なので在宅でできるセルフストレッチを説明して自宅で行って頂いています。

椎間板症(椎間板ヘルニア)

body_sebone_hernia

椎間板症とは腰椎と腰椎の間に椎間板という軟骨のクッションがあるのですがそこに負担がかかって痛みを引き起こす腰痛です。椎間板症になる方の多くは腰に負担をかけていること以外に日常生活での姿勢が悪い方が殆どです。もともと腰椎は五つブロック状の骨が縦に連結しているのですが本来ですとやや前方凸の弓なりにならんでいます。ところが姿勢が悪い方は骨盤が後方に回旋しているため腰椎も後方凸の弓なりになってしまっています。それにより椎間板も後方にズレてきてしまい、腰椎に引っ掛かり腰を伸ばそうとすると椎間板が挟まって痛くなたり、腰がガクッと抜けるような症状を起こします。

椎間板症の治療はまずは日常での姿勢改善の指導をさせて頂きます。
姿勢が悪いままではいつまで経っても椎間板の痛みは治りません。

あと当院独自の椎間板のズレた位置を矯正する治療法がありますのでそれを行います。また在宅でできる椎間板の矯正体操も説明させて頂きますのでそれを自宅で行って頂きます。

椎間板ヘルニアはコチラ!

仙腸関節性腰痛

20130129141501

 

骨盤は真ん中に仙骨、左右に腸骨があり仙骨と腸骨のつなぎ目で仙腸関節というを作ります。仙腸関節は周りに強靭な靭帯で覆われているためほとんど動きませんが正常な身体だとごくわずかだけ動きます。ただこの仙腸関節のわずかな動きが硬くなり全く動きが無くなってしまうとこれも腰痛の原因となってしまいます。仙腸関節が硬い方は腰痛だけでなく坐骨神経痛を伴っている方もいらっしゃいます。

仙腸関節の動きが固まっている方は骨盤矯正を行い腰痛を治していきます。

姿勢の崩れからくる腰痛

姿勢バランスの乱れは腰痛に直結するといっても良いでしょう。

watermark

上図真ん中の姿勢は骨盤が後傾している姿勢でこのような姿勢の方は腰、お尻、太もも裏の筋肉に疲労が蓄積し固まっていたり椎間板にも負荷がかかりやすいためヘルニアになりやすい傾向もあります。

右の姿勢は骨盤前傾タイプで20代~40代の女性によく見られる俗にいう反り腰タイプです。反り腰のなってしまう原因の一つに股関節と腰椎を繋ぐ大腰筋という筋肉が固まって腰が反ってしまっていることが考えられます。

20130910074545

反り腰タイプの方は長時間の立位での腰痛や身体を後ろに反らしたときに腰椎の関節がぶつかりやすいため痛がります。このような患者さんも骨盤矯正で痛みを治していきます。

ギックリ腰の方は急性腰痛のページを見て下さい

 急性腰痛はコチラ!

他の治療院の腰痛治療との違いは!

運動検査、姿勢分析、患者さんの仕事を含めたライフスタイルなどから治りづらい腰痛の原因をみつけることにこだわりをもって施術を行っております。腰痛ほど色々なパターンがある症状は他にありません。どのパターンの腰痛なのかで治療のパターンもすべてかわります。ただマッサージ+骨盤矯正をするだけでは簡単な腰痛は治せても複雑な腰痛は治りません!これまで13万人以上を治療した経験があるからこそ多種多様な腰痛の原因にも対応できる自信があります。

当院は腰痛治療には特に力を入れています。清瀬市、新座市の交通事故による腰痛治療にも実績があります。慢性化して引きにくい重く鈍い痛み、起床時に出る耐え難い痛み、腰が抜ける様な症状がある方、他の治療院で治療したけど治らなかった方、当院の腰痛治療で改善させられると思っております。

電話予約する 042-491-6461

清瀬市、新座市の腰痛治療・交通事故治療は旭が丘鍼灸整骨院にお任せください。

メインページはこちら


 院長あいさつ

海端亮、鍼灸師、柔整師

旭が丘鍼灸整骨院の院長の海端亮です。当院は清瀬市の旭が丘団地の商店街に2004年12月に開業しオープンから14年以上施術をさせて頂いています。これまでに腰痛、膝痛、五十肩、坐骨神経痛、交通事故の治療など様々な症状の患者さんを数多く施術し今までの施術延べ数も14万人を超えている施術実績があります。

ここ数年で清瀬市、新座市でも数多くの接骨院(整骨院)が出来患者様はどこの接骨院(整骨院)で治療を受ければ良いのか悩まれている方も沢山いるとおもいます。接骨院(整骨院)によって行う施術は様々です。私自身も今までに数多くの治療法を勉強してきてこの治療法が一番良いということは一言では言えないことが最近分かってきました。大切なのは患者様の身体の状態に合った治療法を適切に提供できる能力だと感じています。当院は初診時の問診や運動検査に時間をかけ患者様の痛みの原因をみつける事が早期改善に最も大切と考えています。痛みの原因をみつけることが出来ればその原因改善に最も適切な治療方法を提供すれば患者様が少しでも早く改善できると感じています。そして必ず患者様の身体の状態が改善しているのかを毎回確認しています。3~4回以上の施術で痛みが全く改善していない場合は今の治療法を同じように行っていてもなかなか痛みが引かない場合が多いため治療法のやり方(アプローチ)を変えることにしています。一つの治療法にこだわりを持ちすぎて同じ治療法を続けていてもどうしても患者様の症状によって合う合わないが出てしまうからです。

患者様の身体の状態の毎回慎重に見極めながらその患者様に最も適切な施術を提供できる治療院が早期改善できる治療院だと考えています

メインページはこちら