腰痛

新座・清瀬の腰痛
腰痛の症状は人によって様々です。日頃から重だるく痛む、起床時に強く痛みを感じる、長く座っているとだんだん痛くなる、長時間立っていると痛くなる、朝靴下を履くのが痛む、腰が抜けそうな感じがする、身体を捻ると痛い、身体を前や後ろに反らすと痛い。

症状が様々なのは同じ腰痛でもその方によって腰の痛めている場所が違うからです。

一言で腰痛と言っても腰の筋肉が悪いのか、椎間板が悪いのか、腰椎の関節が悪いのか、腰の靭帯が悪いのか、その方によって悪い場所が異なり症状の出方も変わります。

腰痛患者さんに共通していえることは日々の日常生活で腰に負担をかけていることです。仕事で重たい荷物を持ったり、前かがみや中腰姿勢での作業を繰り返し行っていたり、ディスクワークでの座っている姿勢で腰に負担をかけている方もいます。また小さなお子さんがいる方はその育児が腰に負担をかけていることになっている場合もあります。
kansetsutsuu_koshi

筋筋膜性腰痛

腰痛で圧倒的に多いのが筋筋膜性腰痛(筋肉が原因の腰痛)と椎間板症(椎間板が原因の腰痛です)です。

筋筋膜性腰痛は重たい物を持ったり、中腰姿勢での作業をしたりして腰の筋肉に疲労が蓄積して筋肉が硬くなって起こる腰痛です。急性で炎症性の場合は強い激痛が特徴で、慢性的な疲労性のものは重だるく鈍い痛みが出ます。

腰には何種類もの筋肉があるますので、どの筋肉が痛みを引き起こしているか見つけることが大切です。
痛みの出てる場所とどのような動作で痛みが出るかで負担のかかっている筋肉が分かりますのでその筋肉の硬さを取り除くように治療を行います。また筋肉のストレッチがとても効果的なので在宅でできるセルフストレッチを説明して自宅で行って頂いています。

椎間板症

椎間板症とは腰椎と腰椎の間に椎間板という軟骨のクッションがあるのですがそこに負担がかかって痛みを引き起こす腰痛です。椎間板症になる方の多くは腰に負担をかけていること以外に日常生活での姿勢が悪い方が殆どです。もともと腰椎は五つブロック状の骨が縦に連結しているのですが本来ですとやや前方凸の弓なりにならんでいます。

ところが姿勢が悪い方は骨盤が後方に回旋しているため腰椎も後方凸の弓なりになってしまっています。それにより椎間板も後方にズレてきてしまい、腰椎に引っ掛かり腰を伸ばそうとすると椎間板が挟まって痛くなたり、腰がガクッと抜けるような症状を起こします。

椎間板症の治療はまずは日常での姿勢改善の指導をさせて頂きます。
姿勢が悪いままではいつまで経っても椎間板の痛みは治りません。

あと当院独自の椎間板のズレた位置を矯正する治療法がありますのでそれを行います。また在宅でできる椎間板の矯正体操も説明させて頂きますのでそれを自宅で行って頂きます。

仙腸関節のロッキング

骨盤は真ん中に仙骨、左右に腸骨があり仙骨と腸骨のつなぎ目で仙腸関節というを作ります。仙腸関節は周りに強靭な靭帯で覆われているためほとんど動きませんが正常な身体だとごくわずかだけ動きます。ただこの仙腸関節のわずかな動きが硬くなり全く動きが無くなってしまうとこれも腰痛の原因となってしまいます。

仙腸関節のロッキングがある方は骨盤矯正治療でロッキングを外し腰痛を治していきます。

 

当院は腰痛治療には特に力を入れています。清瀬市、新座市の交通事故による腰痛治療にも実績があります。慢性化して引きにくい重く鈍い痛み、起床時に出る耐え難い痛み、腰が抜ける様な症状がある方、他の治療院で治療したけど治らなかった方、当院の腰痛治療で改善させられると思っております。

 電話予約する 042-491-6461

当院は清瀬市、新座市の交通事故による腰痛治療にも実績がある整骨院(接骨院)です。

 

清瀬市、新座市の腰痛治療・交通事故治療は旭が丘鍼灸整骨院にお任せください。

旭が丘整骨院アクセス

他の治療院との違い

①圧倒的な治療経験

腰施術

当院は清瀬市、新座市の方だけでなく遠方からも多くの患者さんにいらして頂いています。H16年12月にオープンし現在まで旭が丘整骨院で院長個人が施術した延べ数は13万人以上で腰痛、膝痛、坐骨神経痛、交通事故の治療など豊富な施術経験が有ります。近隣の接骨院(整骨院)の治療経験と比較するとこの数は圧倒的な数字となります。同じ腰痛でも筋肉が悪いのか神経が悪いのか椎間板が悪いのかで治療内容が変わります。施術経験の少ない治療院では痛みの原因が見つけられずただ毎回同じ治療を繰り返しなかなか治せないケースも有りますが当院は違います。

②最先端の治療機

コンビネーション刺激装置EU-910

プロのスポーツ選手やオリンピック選手も使用するコンビネーション治療機(ハイボルテージ+超音波)の導入しています。痛みの改善にとても効果が高い治療機で清瀬市・新座市の整骨院(接骨院)ではなかなか受けることができません。

③医学的知識が違う

P1030146

呉竹学園の学園賞

治療技術や経験だけでなく医学的な知識も違う自信があります。はり・きゅう医療学校時代は学業成績首席(成績1位)で卒業し現在も多くの医学会や治療研究会に在籍しているため常に最新の医療の知識を勉強し続けています。

④ドイツ徒手医学を習得

P1030149

ドイツ徒手医学会マニュアルセラピスト

世界でもドイツのリハビリ医療は最先端で知られています。ドイツ徒手医学会とは日本の整形外科リハビリチームがドイツの本国の整形外科医チームと連携しその最先端の技を学ぶ為に作られた医学会です。

ドイツの整形外科で行われている腰痛、膝痛、肩関節痛、首痛などに対する徒手治療を習得することが出来、認定試験にも合格しドイツ本国からのマニュアルセラピスト(認定治療家)の資格も頂いています。

こちらの会は現在は医師と理学療法士しか入会できないため接骨院(整骨院)の先生でドイツ徒手医学のマニュアルセラピストの試験に合格した者は日本全国でも数名しかいません。

電話予約する 042-491-6461