お客様写真

股関節の痛みなら旭が丘鍼灸整骨院へ!

股関節の痛みなら

旭が丘鍼灸整骨院へ!

股関節痛(変形性股関節症)

こんな悩みでお困りではありませんか?

  • 歩行時に股関節が痛んでくる
  • 椅子から立ち上がる時に股関節が痛む
  • 階段の昇りや下りで股関節に痛みが出る
  • お尻周りにズキッとした痛みが出る
  • サッカーボールを蹴る時に股関節に痛みがはしる

どれか1つでも当てはまる方は今すぐ当院にご相談ください

股関節の痛みにも色々ある!

股関節のどこが痛んでいるのか?探し出してあげることが大切です!

変形性股関節症

股関節の写真

股関節の痛みの代表的な症病名がまさにこれです!股関節は受け皿にあたる骨盤の寛骨臼と大腿骨の大腿骨頭で形成されていますが中年期以降に大腿骨頭の軟骨が潰されるように変形し股関節の隙間も狭くなってくる病態です!男女比で言うと女性に多いのも特徴です!

股関節の変形が痛むとは限らない

股関節のレントゲン写真のイラスト

実はレントゲン上に股関節の変形があっても人によって痛みが強い方、弱い方、人によっては全く痛くない人もいます!つまり股関節の変形自体がが痛みを起こしているとは言い切れないということです。

鼠径部痛(股関節の前面の痛み)

腸腰筋のイラスト

股関節の変形がある方は鼠径部(股関節前側)の痛みを訴える方がとても多いのですが、この痛みのが変形によるものだけでなく股関節の前面にある腸腰筋や大腿直筋反回頭の硬さや腰椎から股関節前面を通る大腿神経が痛みを起こしていることが多くあります。

股関節側面の痛み

股関節側面の筋肉のイラスト

股関節の痛みは前面の痛みがとても多いのですが側面を痛がる方もいます。股関節側面の痛みはトレンデレンブルグ徴候といい骨盤が痛い側にシフト(側方移動)して上に上がっている(上方変位)姿勢バランスのクセを有している方が多いです。それにより中殿筋という筋肉が伸ばされる筋膜性の痛みが出ていたり、上殿皮神経が引っ張られておこる神経痛が原因となっている場合もあります。

股関節後面の痛み

坐骨神経のイラスト

股関節後面に痛みを有する方の特徴は姿勢バランスが後方重心にあることで大殿筋というお尻の筋肉が常に伸ばされる姿勢バランスの方が多いです。また坐骨神経がお尻の梨状筋で圧迫されて梨状筋症候群によっても股関節後面に痛みが出現していることも考えられます。

股関節内側の痛み

内転筋群のイラスト

股関節内側の痛みは多くは内転筋の付着部の痛みです。姿勢バランスではデュシャンヌ徴候といい骨盤が痛い側と反対側にシフト(側方移動)して下に下がっている(下方変位)姿勢バランスのクセを有する人に起きやすいです。この場合6つある内転筋群のなかで特にどの内転筋が固まっているかをしっかり見極めてその筋肉に絞ってアプローチする技術が有るか無いかで施術結果が大きく変わってきます!

グローインペイン症候群

サッカーボールを蹴る時に股関節が痛む写真

サッカー選手に多い股関節の痛みで股関節前面の腸腰筋の炎症や内転筋の炎症を起こしている状態でボールを蹴った瞬間に股関節前面や内側に痛みが走ります。蹴り方に癖があると内転筋付着部に負担がかかりやすくこの障害が起こります。キックフォームの修正や内転筋への筋膜リリースのアプローチを行い施術します。

トレンデレンブルグ歩行とデュシャンヌ歩行

歩行改善のトレーニングをする写真

股関節が悪い方はお尻の中殿筋という筋力が落ちている方が多いです。中殿筋の筋力低下が発生すると歩行時に悪い側の骨盤を持ち上げて歩くトレンデレンブルグ歩行や逆に悪い側を下げて歩くデュシャンヌ歩行がおこります。この場合それに対しての歩行改善のトレーニングを行い歩行を正常に戻さないと痛みも改善していきません!

股関節の施術について

股関節の施術の画像

股関節の痛みは股関節の変形があっても変形以外に痛みを起こしている原因の筋肉や神経に治療アプローチをすることで改善することは多くあります。またトレンデレンブルグなどの歩行改善のトレーニングを行うことでよりスムーズに痛みから解放させることができると考えています!

施術だけじゃない!再発防止のため、セルフケアまでアドバイスしています

セルフケア

痛みの早期改善や再発を予防するために患者様に自宅でやっていただく効果的な体操も説明させて頂きます。

●インナーマッスル(体幹)トレーニング
●ストレッチポールの使用方法
●慢性腰痛の体操
●五十肩の体操
●姿勢改善体操
●脊柱管狭窄症の体操
●ギックリ腰の体操
●歩行改善運動

当院の感染症対策

旭が丘鍼灸整骨院でおこなっているコロナウイルス対策!

  1. 使用したベッド、まくら、電気パットを1回1回消毒
  2. 入口の外と中に患者様用の手指消毒を設置
  3. スタッフと患者様のマスク着用
  4. 毎回、非接触体温計で患者様の体温を検温
  5. 予約制にして来院時間振り分け院内の密と混雑の回避
  6. 空気清浄器を設置し定期的に換気時間も作っております。
  • ベッドの消毒
  • 手指消毒の画像

感染症対策を徹底して行っております!ご安心ください!

旭が丘鍼灸整骨院と他院のココが違う!

なぜ多くの院の中から当院が選ばれるのか?5つの理由

延べ施術数が15万人以上!様々なの症例を施術している!

施術中の写真

当院は2004年に清瀬市に開院して延べ15万人以上行った豊富な施術経験が有る整骨院(接骨院)です。

腰痛1つとっても患者様によって色々なタイプの腰痛があります。タイプの違う腰痛であれば施術のアプローチ方法も変わってきます。当院は豊富な経験を基にした幅の広いアプローチを施して治りずらい症状にも対応することができます。

医学的な知識が豊富 医療学校を首席で卒業しています!

首席賞状の写真

呉竹学園の学園賞

はり・きゅう医療学校時代は学業成績首席(成績1位)で卒業し現在も多くの医学会や施術研究会に在籍しているため常に最新の医療の知識を勉強し続けています。

整骨院によって痛みの原因を探し出す能力の違いは医学的な知識が豊富かどうかで大きく変わります!

最新式の施術機器を導入

最新式施術機器の画像

ここ数年で電気施術などの機械は大幅に性能が向上しています。当院では電気刺激装置としては国内最高ランクの立体動態波電気装置、更に超音波+ハイボルテージ電気刺激を同時に行うコンビネーション施術機器という最新式の施術機器を導入しております。

整体施術だけでは対応できない痛みの原因も高性能機器と併用することで様々な症状に対応できます!

国家資格を3つ所有

表彰イラスト

当院の院長は整骨院(接骨院)の資格である柔道整復師以外に、はり師・きゅう師の計3つの国家資格も所有しております。安心して施術を受けてもらうことができます。

施術者は国家資格を保有

ドイツ徒主医学

認定証の写真

ドイツの整形外科で行われている腰痛・膝の痛み・肩の痛み・坐骨神経痛などに対するリハビリ施術を専門的に学べる医学会に所属しその技術を提供することを認可するマニュアルセラピスト(認定施術家)の試験に合格しています。

当院の筋膜リリース・関節矯正・神経アプローチ・骨盤矯正はドイツ徒手医学の施術法を用いて行っています!

院長メッセージ

院長写真

旭が丘鍼灸整骨院の院長の海端亮です。

当院は清瀬市の旭が丘団地の商店街に2004年12月に開業しオープンから15年以上施術をさせて頂いています。これまでに腰痛、膝痛、五十肩、坐骨神経痛など様々な症状の患者さんを数多く施術し今までの施術延べ数も15万人を超えている施術実績があります。
ここ数年で清瀬市、新座市でも数多くの接骨院(整骨院)や整体院が出来患者様はどこの整骨院で施術を受ければ良いのか悩まれている方も沢山いるとおもいます。整骨院によって行う施術は様々です。
私自身も今までに数多くの施術法を勉強してきてこの施術法が一番良いということは一言では言えないことが最近分かってきました。大切なのは患者様の身体の状態に合った施術法を適切に提供できる能力だと感じています。
病院や他の整骨院で施術していてもなかなか改善されていない方に当院を頼って頂きたいと考えております。

追伸

今まで整体院に通ったけど改善されない!

施術方法の説明の写真

今までいくつかの整体院で施術を受けたけどなかなか良くなってない患者様はおそらく同じ施術法(骨盤矯正やマッサージなど)を同じ様に毎回受けているケースが多いです。
当院は初診時の問診や運動検査に時間をかけ患者様の痛みの原因をみつける事が早期改善に最も大切と考えています。
痛みの原因をみつけることが出来ればその原因改善に最も適切な施術方法を提供すれば患者様が少しでも早く改善できると感じています。そして必ず患者様の身体の状態が改善しているのかを毎回確認しています。3~4回以上の施術で痛みが全く改善していない場合は今の施術法を同じように行っていてもなかなか痛みが引かない場合が多いため施術法のやり方(アプローチ)を変えることにしています。
一つの施術法にこだわりを持ちすぎて同じアプローチを続けていてもどうしても患者様の症状によって合う合わないが出てしまうからです。

旭が丘鍼灸整骨院

〒204-0002東京都清瀬市旭が丘2丁目5-2-105