膝関節痛

kansetsutsuu_hiza

膝関節に痛みを抱えている方は多くいます。

分類

1変形性膝関節症

加齢により膝関節の軟骨が薄くなって膝に痛みが出てきます。主に関節の内側が痛くなり、動作開始時痛といって歩き始め、椅子から立ち上がる時の痛みや階段の下りが痛いのが特徴的です。

レントゲン写真で膝の隙間が狭くなっているだけでなく大腿骨に対して脛骨が外側に捻じられながらズレています。変形が強い場合は水が溜まっている方も多くいらっしゃいます。当院は水は抜かず治療で水を引かせていきます。

治療で薄くなった軟骨を増やすことはできませんが大腿骨と脛骨のズレを矯正し痛みを和らげることはできます。大腿骨と脛骨のズレは内側と外側の筋力のアンバランスが原因していますので弱くなった筋肉(企業秘密です)をトレーニングしてバランスを取り戻します。

2膝蓋下脂肪体の痛み

膝のお皿の裏には脂肪のクッションがあります。正常方はこの脂肪のクッションが膝の動きとともに軟らかく動くのですが、クッションの動きが悪くなると膝のお皿周りに痛みがでます。膝の痛みは階段の下りが痛いのが殆どですが膝蓋下脂肪体の痛みは階段の上りが痛い場合が多いのも特徴的です。

3半月板からの痛み

若い方の半月板損傷はスポーツなどの接触、階段での転倒など強い受傷機転が必ずあります。高齢者の場合は半月板の水分が抜けて硬くなって割れやすくなっているため少しバランスを崩したり、捻ったりするだけで痛める場合がおおいです。

半月板を大きく傷つけると手術で治すしかありませんのでその場合は専門の整形外科に紹介させていただきます。軽傷~中等度のそんしょうでは当院の治療で改善できます。半月板も内側半月板と外側半月板では内側半月板損傷が圧倒的に多く初期は歩行困難、膝の曲げ伸ばしなどほとんどできません。半月板の中を伏在神経が通っていますので半月板を損傷すると伏在神経が刺激されふくらはぎに痛みを訴える方もいます。また急性期をすぎると強い痛みは引きある程度曲げ伸ばしもできますが、膝崩れ(嵌頓症状)といって急に膝がガクッと崩れる場合があります。半月板損傷はハイボルテージ超音波(プロスポーツ選手・オリンピック選手も使用)がとても効果的です。

コンビネーション刺激装置EU-910

治療

ハイボルテージ超音波、筋膜リリース、低周波治療、関節面矯正治療

電話予約する 042-491-6461

当院は清瀬市、新座市の膝関節痛治療、交通事故治療、腰痛治療に実績がある接骨院(整骨院)です。

 

 

 清瀬市・新座市の膝関節痛治療、交通事故治療、腰痛治療は旭が丘鍼灸整骨院へ

旭が丘整骨院アクセス

他の治療院との違い

①圧倒的な治療経験

腰施術

当院は清瀬市、新座市の方だけでなく遠方からも多くの患者さんにいらして頂いています。H16年12月にオープンし現在まで旭が丘整骨院で院長個人が施術した延べ数は13万人以上で腰痛、膝痛、坐骨神経痛、交通事故の治療など豊富な施術経験が有ります。近隣の接骨院(整骨院)の治療経験と比較するとこの数は圧倒的な数字となります。同じ腰痛でも筋肉が悪いのか神経が悪いのか椎間板が悪いのかで治療内容が変わります。施術経験の少ない治療院では痛みの原因が見つけられずただ毎回同じ治療を繰り返しなかなか治せないケースも有りますが当院は違います。

②最先端の治療機

コンビネーション刺激装置EU-910

プロのスポーツ選手やオリンピック選手も使用するコンビネーション治療機(ハイボルテージ+超音波)の導入しています。痛みの改善にとても効果が高い治療機で清瀬市・新座市の整骨院(接骨院)ではなかなか受けることができません。

③医学的知識が違う

P1030146

呉竹学園の学園賞

治療技術や経験だけでなく医学的な知識も違う自信があります。はり・きゅう医療学校時代は学業成績首席(成績1位)で卒業し現在も多くの医学会や治療研究会に在籍しているため常に最新の医療の知識を勉強し続けています。

④ドイツ徒手医学を習得

P1030149

ドイツ徒手医学会マニュアルセラピスト

世界でもドイツのリハビリ医療は最先端で知られています。ドイツ徒手医学会とは日本の整形外科リハビリチームがドイツの本国の整形外科医チームと連携しその最先端の技を学ぶ為に作られた医学会です。

ドイツの整形外科で行われている腰痛、膝痛、肩関節痛、首痛などに対する徒手治療を習得することが出来、認定試験にも合格しドイツ本国からのマニュアルセラピスト(認定治療家)の資格も頂いています。

こちらの会は現在は医師と理学療法士しか入会できないため接骨院(整骨院)の先生でドイツ徒手医学のマニュアルセラピストの試験に合格した者は日本全国でも数名しかいません。

電話予約する 042-491-6461