清瀬・新座

交通事故治療整骨院

電話予約する 042-491-6461

清瀬・新座、周辺で交通事故に合われた患者様はしっかりと読んでいただくことをおススメ致します。

交通事故が起こって治療しないままで後から痛みや手や足のシビレが出でくるケースが多いです。むち打ち症は時間経過とともに筋肉・靭帯の炎症や神経にまで及ぶことも、脊椎本体に障害が及ぶことまであり患者様のお体に重度の後遺症が残るケースがあります。

むちうちは交通事故などの衝撃により筋肉が損傷を受け痛みや歪みが出るもので、形成外科の骨の異常をみるレントゲンだけでは分からないのです。
当院に来られる患者様でも、整形外科に行ってレントゲンを撮っても異常がないと言われ湿布と飲み薬で痛みを服用し痛みが取れず旭が丘鍼灸整骨院に転院や併院(両院通うこと)される方も数多くいらっしゃいます。
国家資格の柔道整復師のいる整骨院は筋肉と骨の両方をみる専門家であり。
骨の歪みや折れたところだけ、筋肉の炎症を和らげるだけでは交通事故後の痛みは取れないことが多く、骨と筋肉のバランスを整える事がとても肝心です。
旭が丘鍼灸整骨院は、交通事故治療・むち打ち症の治療に力を入れており、慰謝料、休業補償などもご相談ください、完治しないまま痛みや身体のしびれと不安を抱えながら患者様が辛い人生を送らないよう最善をつくします。

~交通事故治療の流れ~

1・警察への届け出  警察で事故届けの手続きを行ってください。

2・加害者と連絡  加害者の住所や電話番号、保険会社の名前を確認して下さい。

3・医師の診断  まず先に病院で医師のレントゲン等の診察を受けてください。その後、当院に転院できます。

4・当院への転院  保険会社に当院で治療を受ける旨を伝え承諾を得て下さい。

5・当院での治療

自賠責保険って何?

※人身事故を補償する為の国の保険制度で、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は公道を走る自動車とバイク(原動機付自転車含む)に保険加入が法律で義務づけられており自賠責未加入で公道の走行は法律により罰せられます自賠責保険は一般的に「 強制保険 」と呼ばれ、ケガをされた被害者(被害者請求)と加害者(加害者請求)共に補償を受けられる制度です。
※同じ損害での重複請求はできませんのでご注意ください。

治療費と保障について

示談(※じだん)前であれば以下の1.2.3記載の内容が実費0円の為、無料で治療が可能す。

1、治療費   (自賠責保険・任意保険の適用によって)

2、交通費   (公共交通・駐車場・タクシー代等)

3、休業損害費 (自賠責保険基準5,700~19,000円/日、証明書必要)

事故後の治療期間について

平均は3~6か月です。早ければ2週間ほどですが。症状やケガの程度や患部数と種類によっても通院期間はバラバラです。
痛みの軽減が完治と思わず、後で後遺症が出ないようしっかり治療する事が大切です。

後で後悔しないために、交通事故のむち打ち症は専門家による治療と精密検査と知識がとても重要です!!

交通事故治療、むち打ちの画像

事故後、治療をしないで放置し日が経ってから実際に自覚できるような症状が遅れて来ることも多いのが特徴です、頸椎のズレ(その他、腰椎・胸椎のズレ)から首周辺の痛み、後頭部、背部、肩、上腕部にも痛みが放散するケースも多いです。

2次的体の障害・交通事故障害による身体に出てくる症状は様々なケースがあります。首や肩の痛み、腰痛、膝痛、手首の痛み、手足のシビレやだるさ、頭痛や吐き気、めまい、耳鳴りなど。
最も多いのは、むち打ち症(外傷性頚部症候群)です。むち打ち症はただ首が痛い、首が回らない、などの症状以外に手足のシビレ、だるさ、脱力感。頭痛や吐き気なども出てくる場合があります。

患者様の判断で大丈夫だろうと思っても必ず整骨院や形成外科などの医療機関の受診をしてください。
後になって体に不調や障害・後遺症が出て医療機関を受診しようとしても労災保険、自賠責保険、健康保険等が使えなくなり実費で治療を行わなければならないケースも、数日経過後に2次障害があらわれ仕事が出来きなくなっても、事故後に医療機関を受診していないことで休業補償が貰えない場合も出てきます。後になって症状があらわれ当院を頼ってくる患者様はとても辛そうです。更に被害者様の身体の障害が悪化し後遺症が残ってしまった場合、通常は後遺障害認定の申請を行うのですが、この際も最初に医療機関での診察を受けていないと申請できません。そのようなことのが辛いことが患者様に起こらないよう当院にまず1度お電話ください。
  • 最悪のケースにならない為に、治療と精密検査をおこないましょう。
  • 今の少しの通院の時間が患者様の一生涯の身体の健康をまもります。
  • 交通事故治療、むち打ち症など、旭が丘鍼灸整骨院にお任せください。

むち打ち症は全身のあらゆる部位に対して痛みや重度の障害が残る可能性があります。

交通事故の症例では通常の生活では受けないような、外部から瞬間的にとても大きな衝撃が加わることにより引き起こされるものです。

治療方法

柔道整復師の国家資格を持ったスタッフが交通事故の患者様の症状に最適な治療を行います。

治療費はいくらかかりますか?

患者様の負担は実質0円です。(自賠責保険・任意保険の適用により)

交通費も支給される

通院にかかったバス代、タクシー代、ガソリン代などの交通費も保険会社から支給されます。

現在の通院してる医療機関から転院できますか?

はい可能です。病院で月1回程度、回復具合いを精密検査してもらっている患者さんは
多数いらっしゃいます。
同日の掛け持ち治療でなければ問題ありません。

整形外科と両方通院できますか?

現在、他の整形外科に通院されていても 当院へ転院することや
併院(へいいん※両院利用)することができ、併院をおすすめしております。
精密検査は病院で治療は整骨院で様態に合わせて利用できます。
どちらも保険を適用することができます。
※まずは、事前に当院にご相談ください。

保険会社が自賠責ではなく、健康保険証でかかるよう指定してきたのですが?

自賠責保険、健康保険の選択権は、一部の例外を除き、患者さんに与えられています。
保険会社が指定してきても、患者さんの意思で自賠責保険でかかることが可能です。

自賠責保険を使う場合の手続きは?

手続きは当院で無料代行致します。また弁護士等の紹介も行っております。

保険会社が接骨院でなく「病院」と指定してきたのですが?

病院・接骨院の選択権は患者さんに与えられています。
保険会社との話し合いは必要になりますが、
保険会社が病院を指定してきても健康保険取扱いの機関であれば大丈夫です。
整形外科等の病院から転院をしたい場合、基本的には患者様に選ぶ権利があります。

必要なものは何ですか?

病院等で検査等をされている方は診断書をお持ちください。
保険会社に伝えること
1、当院で治療を受けること
2、当院の電話番号
3、当院の住所

患者様にむち打ち治療に専念していただく為に。

交通事故後の治療と自賠責とは?

医師や法律家をはじめとする弁護士、行政書士、保険会社など様々なサポートも重要です。

突発的に起こる交通事故に遭われ患者様が、保険会社と電話や示談交渉等で悩まれることが多くいらっしゃいますので、安心して治療をして頂くために、交通事故被害者さんに相談サポート提携サポートとし、弁護士の紹介も致します。交通事故のむち打ち症を克服するためには、医療、理学療法の施術治療も必須ですが、治療に専念していただく為の患者様の精神的なフォローアップもとても大切です。
  • ※治療終了後の相手側との示談面でもサポート、当院は弁護士事務所の泉総合法律事務所と提携させて頂いております。

病院でレントゲンをとっても異常なしと言われることも多いです。
レントゲンは骨の異常を診察するもので筋肉の損傷は見れないので筋肉の損傷からくる痛みや歪みは分からないのです。

むちうち症は、受傷直後はあまり症状がでないことも多く、数日後から痛みが出てきてそのまま放置すると交通事故の後遺症で身体が不自由になることが多くあります。。
しっかり治療しましょう。現在他の医療機関(病院や接骨院等)に通院しているがあまり治療の経過が思わしくないという方も、当院にお任せください。

■むち打ち症の主な4例
車での追突事故などの際に、首や背中に一瞬の強い衝撃がかかることで、 首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。
むち打ち症(外傷性頚部症候群)について
むち打ち症とは最も多い発生機序は被害者の車が加害者に後ろから追突されて首がムチを打つように曲がり頭部が後ろにもっていかれ頸椎周囲の関節、靭帯、筋肉、軟骨(椎間板)、神経などが損傷される障害です。
発生直後は症状が軽度で事故後2日~7日してから症状が強くでてくるのが特徴です。事故直後に症状が無くても安心はできません。

1・頚椎捻挫型(けいついねんざがた)(むち打ち損傷の70~80%を占める)
頸椎周囲の靭帯、筋肉を損傷した状態で首や肩の痛みや動きの制限が特徴です。
2・神経根損傷型(しんけいこんがた)
交通事故の衝撃で頸椎から出ている末梢神経が損傷されていたり頚部椎間板ヘルニアになっている場合もあります。腕や指に痛み、シビレ、重だるさがでるのが特徴です。
3・バレ・リュー型(後部頸交感神経症候群(こうぶけいこうかんしんけいしょうこうぐん))
頚部周囲の自律神経が損傷されて起こる症状で頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り難聴などの症状が特徴です。
4・脊髄損傷型
頸椎の中にある脊髄が損傷される場合で両側の腕や手、更には足の方までシビレ、痛み、だるさが出ます。

交通事故治療

□問診、検査
当院では交通事故患者様の初検時での問診、徒手検査を大切にさせて頂いております。病院でのレントゲン検査や診断で異常所見が出ていない場合でも患者様からの訴えや徒手検査で隠れた障害がみつかる場合も多くあります。
□損傷部位の固定
障害の程度が強い場合、ある程度の期間患部をコルセットや包帯で固定し回復を促します。
□手技治療
損傷されて硬くなった筋肉、靭帯をマッサージで緩め、損傷部以外の身体のバランスを調整し痛みを取り除きます。
□物理療法
低周波治療、超音波治療、ドクターメドマー(空気圧マッサージ機)などの医療機器で患部の血流を改善し回復を促します。
□鍼治療
痛みが強い方や、回復に時間がかかりそうな方には鍼治療も併用して行っております。

※治療終了後の相手側との示談面でもサポート
当院は泉総合法律事務所と提携させて頂いております。

患者様が治療継続を希望されているのに保険会社側から治療の終了を言われ納得できないケース、後遺障が残ってしまい後遺障害認定を申請したい時、示談時に支払われる慰謝料に納得ができない、このような問題が起きても泉総合法律事務所の弁護士の方々からサポートを受けられます。
弁護士と提携している整骨院はあまり多くありませんので、サポート面も充実しており清瀬市、新座市、所沢市、朝霞市だけでなく、遠方からも当院の交通事故治療を受けに来られる患者様が沢山いらっしゃいます。
旭が丘鍼灸整骨院にまず、お問い合せ下さい。

電話予約する 042-491-6461

清瀬市・新座市で交通事故の治療ご相談は、実績のある旭が丘鍼灸整骨院へ